[エゾシカ] ブログ村キーワード エゾシカ革,エゾシカレザー,エゾシカ皮,エゾプロダクト,エゾシカ対策課,MHF
 

EZO PRODUCT inc.  エゾシカとの共生社会の為に

北海道全域でエゾシカが増加している中、皮革に特化した有効利用を確立すべく活動をしてゆきます。

Category: スポンサー広告  Tags: ---
Response: ------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

【エゾシカ皮革】

幣社製エゾシカレザーはすべて食品と同じ様に
トレサビリティを明確にするべく全て北海道に
生息しているエゾシカだという証として、幣事業
の焼印(ブランディング)を1枚1枚、1個1個に
押してあります。かつて悲しい過去にエゾシカの
皮革と称し、外国産のレザーがでた経緯があります、
なんの為に?という疑問とそしてエゾシカを取り巻く
人々のなかに悲しくも、“鳥獣駆除からのもの” と
いう考えのもっていた方々が過去の人々の中に存在
していたことは否めない事実だったと感じます。

エゾシカの命を考え、北海道の自然環境と共生社会
を真正面から考え、その個体数調整により生まれた
副産物に感謝し形を変え、再び人に使っていただく
ことが本当の有効利用と定義し物流から透明性の高い、
エゾシカレザーの特色を十分に生かした製品をを目指
しております。

ディアスキンは、かつてアイヌの方々は、毛つきは
防寒具、レザーは下着や衣類に活用し、日本国では
最古の皮革として、武具(鎧や甲冑)に使われ、
装飾としては、江戸時代より 甲州印伝 という
伝統工芸の素材として使われてきました。
伝統工芸も進化がすすみ、古きものを大切にしながら
時代の進化にあわせ、繊細でかつ高級な仕上がりへと
変化していることで現在は輸入レザーであるアカシカ
が使われています。そもそもニホンシカの亜種である
エゾシカは自然種(ワイルド)であり銃痕や傷も多く、
またレッドディア(輸入ディアスキン)から比べ、皮革
業者間のマテリアル基準には適していないのが現状です。
均一な色のり、質やスペック、安定供給が最低条件と
いわれているのがレザー業界の基準と言われています。
 
幣事業は、皮革業者間取引きを主に活動しているのではなく
ナチュラルな皮革の自然な風合い、環境保全から生まれた
やさしさのつまったレザーということを念頭に置き、レザー製品
製作における“ 素材 ”として認知していただきOEM請負など
多岐の分野にわたりご提案させて頂いております。


大切な1つの命・・・


に感謝しながら


あたらしい命へと・・・



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。